■目次

はじめに

第 1 章 政変に揺れる黒人共和国――一九八八年九月、この年二度 目のクーデター

第 2 章 太陽の街シテソレイユの友人たち

第 3 章 アリスティド神父

第 4 章 ウィリー・イブの死

第 5 章 初の民主的選挙――一一九九〇年三月〜九一年二月

第 6 章 軍の反乱――一一九九一年九月〜九二年六月

第 7 章 ガヴァナーズ島の調停――一一九九三年七月〜九四年二月

第 8 章 米軍の介入――一一九九四年七月〜十月

第 9 章 民主的国家の再建へ――一一九九五年六月〜九六年二月

第10章 闘うジャーナリストと友人の死――一プレヴァル時代の到来

第11章 アリスティドの再選、そして再失脚――一二〇〇〇年〜二〇 〇四年

第12章 暗黒の街シテソレイユ――一二〇〇五年

第13章 プレヴァル再選と未来――一二〇〇六年

あとがき

【コラム】
ハイチ小史――一コロンブスの到達からデュヴァリエ独裁 政権の崩壊
ハイチと日本
ハイチの音楽



戻る