■目次

口絵写真――山本耕二〔写真〕

〈プロローグ〉アウシュヴィッツとの出会い
新訂増補版への序
______________
第1部 オシフィエンチムで
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
〈過去を見つめる目〉アウシュヴィッツ博物館へようこそ
〈虐殺の対象となった人たちの今〉ユダヤ民とロマ・シンティ
 ザコパネの夏
 万聖節の祈り
 ユダヤ関連歴史概観
〈ポーランド人のジレンマ〉「いじめっこ」と「いじめられっこ」
〈苦悩と勇気〉アウシュヴィッツを生きぬいた人々
〈国際青少年交流の家〉過去と未来の架け橋
〈歴史の認識〉現在進行形の教科書問題
〈歴史の記録と清算〉国民記憶院
〈未来への期待〉アウシュヴィッツを守る人々
______________________
第2部 写真で見るアウシュヴィッツ強制収容所
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ポーランド国立アウシュヴィッツ・ミュージアム所蔵の、一九三九年から一九四五年にわたる歴史的写真61点で構成。
____________________
第3部 アウシュヴィッツ・ミュージアム
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
〈在オシフィエンチム〉アウシュヴィッツ=ビルケナウ国立博物館
〈地獄の入口〉ここが強制収容所だ!
●4号館・5号館 絶滅計画の展示
 4号館第一展示室
 4号館第二展示室
 4号館第三展示室
 4号館第四展示室
 4号館第五展示室
 4号館第六展示室
 5号館
●6号館・7号館 収容所内の生活
 6号館第一展示室
 6号館第二展示室
 6号館第三展示室
 6号館第四展示室
 7号館
●10号館 生体実験――建物内非公開
●11号館 死のブロックと処刑の庭
●13号館 ロマ・シンティの悲劇
●14号館(*) ソ連軍戦争捕虜
●15号館 ポーランドはそのとき
●27号館(*) 神の試練か――ユダヤ民の苦難
●第一クレマトリウム ガス室と焼却炉
  (*)二〇一一年六月現在、展示室改装中
●アウシュヴィッツ第二収容所ビルケナウ
 死の門
 生死の選別から大量虐殺の現場まで
 強制収容所としてのビルケナウ
 女性収容所としてのビルケナウ
 「ジプシー」家族収容所
 ビルケナウの病棟群
 検疫隔離収容所
 中継収容所
 テレジンからの「ユダヤ人」家族収容所
 「カナダ」と「ザウナ」
 第四・第五クレマトリウム

あとがき

付 録 ひとり旅のための簡単なガイド
 *アウシュヴィッツ・ミュージアムへの足
 *アウシュヴィッツ博物館開館時間ほか
 *ポーランドの食事
 *クラクフ――世界遺産

索 引


戻る