わたしの死の物語

ハロルド・ブラドキー[著]
香西 史子[訳]

ブラドキーは米国の小説家・批評家。1993年にエイズを発症し、1996年1月に死んだ。本書は、死の直前まで、「死にゆく自分」を鋭い観察力と透明な筆致で記録した特異な自伝(雑誌『ニューヨーカー』に連載)。作家の目に写るのは、死の確定によって時々刻々変化する内面世界だ。著者の心は、つかのまの恢復に喜びを感じたり、回転しつづける頭脳と衰えてゆく体力の狭間で揺れ動く。『ニューヨーク・タイムズ・ブックレビュー』でも絶賛。堀内祐三著『雑読系』(晶文社)ではトップで紹介。

◆定価1500円+税
◆四六判 192頁 上製
◆ISBN4-7736-2303-9 C0098
 (1999年1月15日)

日本図書館協会選定図書

[訳者あとがき]はこちら。本書には目次はありません。
●送料無料・前払い方法のご案内

●送料読者負担・後払い注文フォーム

●送料無料・カード決済(版元ドットコム)


戻る