沖縄 近い昔の旅 品切
非武の島の記憶

森口 豁[著]

『韓国 近い昔の旅』(神谷丹路)、『台湾 近い昔の旅』(又吉盛清)につづく第三弾。著者は米軍政下の1959年、単身沖縄へ渡って以来40年間、一貫して沖縄の根っこをまさぐってきたジャーナリ スト。自分の目と感性を武器に思索し、発言し、報道してきた著者ならではの文章は、日本の姿に疑問を抱いている人にも、沖縄に関心のある読者にも、きっと 共感を呼ぶに違いありません。〈もう一つの日本〉の歴史と日本のあるべき姿を若い人たちに語った心の著。

◆定価1900円+税
◆A5変型判 296頁 並製
◆ISBN4-7736-2310-1 C0020
 (1999年5月22日)

日本図書館協会選定図書/学校図書館協議会選定図書

[まえがき・目次・あとがき]はこちら

[森口さんの自著紹介]はこちら

戻る