ジャーナリズムと歴史認識
ホロコーストをどう伝えるか

梶村太一郎/金子マーティン/本多勝一/
新美隆/石田勇治[著]

『週刊金曜日』に長期連載の「『朝日』と『文春』のための現代史講座」に大幅加筆し、事実を軽視するメディアの問題点を指摘するとともに、新たな論考を加えて「修正主義」派の身勝手な主張を徹底論破する。日本の司法が初めて「ホロコーストは世界周知の歴史的事実」だと認知した東京地裁「名誉毀損裁判事件」判決全文も収録。世にもまれな読んで面白い「判決文」。日本の「ガス室」否定論争は本書で決着!

◆定価1900円+税
◆四六判 336頁 並製
◆ISBN4-7736-2403-5 C0022
 (1999年12月15日)

[まえがき・目次・あとがき]の請求はこちら
●送料無料・前払い方法のご案内

●送料読者負担・後払い注文フォーム

●送料無料・カード決済(版元ドットコム)


戻る