南海の軍閥 甘志遠
日中戦争下の香港・マカオ

甘 志遠[著]
蒲 豊彦[訳]

甘志遠は辛亥革命の前年に上海に生まれ、長じて日本の大学に留学。国民党政権の通信技官となるが、日本占領下の香港では日本海軍武官府の支援を得て香港・マカオ周辺を支配下に納める「海賊」として自立する。「戦争の世紀」を走り抜けた一中国人の自伝に詳細な注を付して、広東省沿岸における日中戦争の一断面をアウトローの視点から切り取る。東北地方の「馬賊」に対応する南シナ海の「海賊」の実態が明らかに。

◆定価1800円+税
◆四六判 248頁 上製
◆ISBN4-7736-2408-6 C0022
 (2000年4月30日)

[まえがき・目次・あとがき]はこちら
●送料無料・前払い方法のご案内

●送料読者負担・後払い注文フォーム

●送料無料・カード決済(版元ドットコム)


戻る