ドキュメンタリー映画の地平(下)
世界を批判的に受けとめるために

佐藤 真[著]

 下巻は、8つの方法論のうち後半を扱う5〜8章を収録。著者の筆先はどんどん研ぎ澄まされ、狭義の映画論にとどまらず、硬直した政治主義や啓蒙主義との訣別宣言、NHKが標榜する公共というあり方への体験的批判、虚実の境目に存在する「リアル」を捉えようとした作家たちの哲学などへと展開していく。こうしてドキュメンタリーとは、メッセージを伝える道具ではなく、現実世界を批判的に受けとめるためのものであると結論付ける。百年の関連年表も収録。

◆定価2500円+税
◆四六判 376頁 並製
◆ISBN4-7736-2506-6 C0074
 (2001年1月31日)

[まえがき・目次・あとがき]はこちら
●送料無料・前払い方法のご案内

●送料読者負担・後払い注文フォーム

●送料無料・カード決済(版元ドットコム)


戻る