マレー鉄道で朝食を(2)
半島マレーシア紀行

伊藤伸平[著]

 『マレー鉄道で朝食を(1)』から6年後、旅人はマレー鉄道の東線・西線を乗り継いで、半島マレーシアを一周する旅に出掛ける。前回はじっくりと味わえなかったマレーシア。旅人も、少しましな宿に泊まれるくらいリッチになったし、マレーシアも鉄道運営にコンピュータが導入されるなど、一層近代化されたが、むせかえる湿度も、太陽の白光も、旅人の歴史や風土に対する眼差しと好奇心も変わることは。こんな旅ができたら最高!と思わせる、一挙読破の紀行エッセイ。

◆定価1600円+税
◆四六判 216頁 並製
◆ISBN4-7736-2511-2 C0026
 (2001年5月31日)

[まえがき・目次・あとがき]はこちら

[伸平さんのホームページ]はこちら
●送料無料・前払い方法のご案内

●送料読者負担・後払い注文フォーム

●送料無料・カード決済(版元ドットコム)


戻る