山もりのババたち
脱ダム村の贈り物

玄番真紀子

 舞台は細川内ダム建設を撤回させた徳島県の木頭村。日本では高度成長期に次々とダムが造られたが、なぜ木頭村ではダム中止が勝ち取られたのか。1998 年に同村に移り住んだ著者(4人家族)は、山村に宿る自然や暮らしに触れながら、ダム反対に立ち上がった老人たちの活躍ぶりに魅了される。『金曜日』の連 載文章に加えて「人間が人間らしく生きる」暮らし方を今もなお続ける山のババたちの生活誌を書き下ろし、根っこにある本当の豊かさを訴える。


◆定価1600円+税
◆四六判 224頁 並製
◆ISBN4-7736-2705-0 C0036
 (2003年03月03日)

[目次・まえがき]はこちら

[玄番さんのウェブサイト]はこちら
●送料無料・前払い方法のご案内

●送料読者負担・後払い注文フォーム

●送料無料・カード決済(版元ドットコム)


戻る