平和と自立をめざして
沖縄同時代史第7巻 1996〜1997.6
沖縄の転機は日本の転機

新崎盛暉[著]

安保再定義、ガイドラインの見直しは、沖縄県知事をも巻き込みながら、日本国家と沖縄社会の対決の構図を浮き上がらせた。本書は、96年から特措法改定までの沖縄・日本の動きや問題点を、様々な発言記録をもとに編集した「沖縄同時代史」第7巻である。
【内容】 いま沖縄はどこに立っているのか/I 安保再定義とその背景/U 米軍用地強制使用に反対する闘い/V 自立をめざして/安保翼賛体制下の特措法改定

◆定価2200円+税
◆四六判 256頁 上製
◆ISBN4-7736-2806-5 C0331
 (2004年2月25日)

[目次・まえがき]はこちら

●送料無料・前払い方法のご案内

●送料読者負担・後払い注文フォーム

●送料無料・カード決済(版元ドットコム)


戻る