台湾新世代
脱中国化の行方

近藤伸二

 日本と台湾の間では、年間百万人近い人々が互いに行き来する。しかし、72年以降は日台間に正式な外交関係がなく、90年代末まで大手新聞社の支局もなかったためか、台湾の「素顔」は意外に知られていない。東京・大阪から2、3時間で行け、沖縄の目と鼻の先にある台湾で今どんな変化が起こり、これからどこに向かおうとしているのか。在台3年半の間に政治家・民主活動家から街の床屋まで、さまざまな立場の人たちと接した新聞記者が活写する「台湾の現在」。


◆定価1800円+税
◆四六判 264頁 並製
◆ISBN4-7736-2810-3 C0036
 (2003年12月5日)

[目次・まえがき]はこちら

●送料無料・前払い方法のご案内

●送料読者負担・後払い注文フォーム

●送料無料・カード決済(版元ドットコム)


戻る