まどろみのロンドン
映画作家の妄想スケッチ

佐藤 真

文化庁の在外研修員として映画作家が訪ねたのはドキュメンタリー映画の発祥の地・イギリスのロンドン。ヒマにまかせて夜な夜な映画館をハシゴする毎日。ところが何故か、目蓋が重くなることが多い。どうしてだろう。そうだ、多分間違いなく、それは優れた映画だからだと納得。ロンドン映画生活を謳歌する中で、〈コモンセンス〉という名のルールがはらむ危うさと摩訶不思議さをフレデリック・ワイズマンばりに解剖しつつ、微睡むままに書き留めた悪口満載の辛口エッセイ。


◆定価1800円+税
◆四六判 272頁 並製
◆ISBN4-7736-2811-1 C0026
 (2004年3月31日)

[目次・まえがき]はこちら

●送料無料・前払い方法のご案内

●送料読者負担・後払い注文フォーム

●送料無料・カード決済(版元ドットコム)


戻る