新版・民俗知識論の課題
沖縄の知識人類学

渡邊欣雄

沖縄に関する社会・文化人類学研究の論文集。収載した論文はもともと、著者の80年代の研究成果を集めたものだが、本書の主題である《民俗知識》は、研究者個々人の知識を通して文化の《多声性》を知りうるテーマとして、最近のポストモダン思想の中で再評価されている。そうした背景のもとに、第二版として判型を四六判からA5判に拡大して刊行する。「沖縄学」のみがローカルなテーマとして扱ってきた「門中」「風水」「歌謡」などを80年代に採り上げた先駆的論文集。


◆定価3300円+税
◆A5判 288頁 並製
◆ISBN4-7736-2813-8 C0026
 (2004年3月31日)

[目次・まえがき]はこちら

●送料無料・前払い方法のご案内

●送料読者負担・後払い注文フォーム

●送料無料・カード決済(版元ドットコム)


戻る