9・11事件の省察
偽りの反テロ戦争とつくられる戦争構造

木村 朗〔編〕

2001年9月11日に勃発した衝撃の事件から「世界が変わった」といわれるが、6年目の今、一体何がどう変わったのか。世界貿易センタービルやペンタゴ ンへの飛行機の衝突等、9・11事件は本当にイスラム教過激派のテロだったのか。「不可解」な「事実」を究明し、「反テロ戦争」という「美名」の下に隠さ れて推進されているグローバル資本主義経済、軍産複合体主導の社会構造への改編、パックス・アメリカーナがもたらすであろう将来の問題点を、さまざまな角 度から考察した論考集。●著者:木村朗/きくちゆみ/成澤宗男/戸田清/延原時行/板垣雄三/本山美彦


◆定価2700円+税
◆四六判 416頁 並製
◆ISBN978-4-7736-3201-9 C0031
 (2007年9月11日)

[目次・まえがき]はこちら

●送料無料・前払い方法のご案内

●送料読者負担・後払い注文フォーム


戻る