微笑 みの国と軍事政権
ビルマとミャンマーのあいだ

瀬川正仁〔著〕

非武装の国民を弾圧し続ける「軍事政権ミャンマー」の、庶民の実相。旅人を魅了する「微笑みの国・ビルマ」にはオカマの霊媒師から首長族まで、観光と不可 分の日常と生業があり、その一方で「仏教国」ではくくれないヒンドゥー教徒やイスラム教徒を抱える多様な文化と歴史がある。著名観光地は「立ち寄る」にと どめて人々の生活・民俗・歴史に目を向け、国境・僻地で生きるビルマ少数民族の日常を温かな目で撮し取った。「ビルマ好き」必読の「紀行ルポ」。写真 113点・地図2点。カラー口絵16頁。

◆定価2000円+税
◆四六判 272頁 並製
◆ISBN978-4-7736-3202-6 C0026
 (2007年10月10日)

[目次・まえがき]はこちら

●送料無料・前払い方法のご案内

●送料読者負担・後払い注文フォーム


戻る