978-4-7736-3503-4

〈新訂増補版〉密漁の海で
正史に残らない北方領土

本田良一〔著〕
メドベージェフ・ロシア大統領の国後島訪問、着々と進められるインフラ整備――と、ロシアの実効支配がますます現実味を帯びてきた北方領土。ソ連崩壊後のクラスノヤルスク合意、川奈提案などにもかかわらず、四島一括返還派と二島先行返還派の対立、鈴木宗男・佐藤優の逮捕など迷走するばかりの日本政府。領土問題解決と日ロの平和条約締結のメドすら立たない中、「国境の海」では依然として漁民の苦悩と密漁は続く。豊かな海を舞台に"演じられた"悲喜こもごもの物語を数十年間取材してきたジャーナリストの実録ルポ。

◆定価2800円+税
◆四六判 432頁 上製
◆ISBN978-4-7736-3503-4 C0095
 (2011年3月20日)
[目次・まえがき]はこちら
●送料無料・前払い方法のご案内

●送料読者負担・後払い注文フォーム


戻る